書籍_s18092102画像 障害者の歯科治療  臨床編
編: 一般社団法人日本障害者歯科学会
価格: 8,640円
発売日: 2018年09月30日
内容:
  障害者歯科臨床の第一線で活躍している歯科医師・歯科衛生士らが、地域医療の現場で遭遇する典型的な症例や、対応に苦慮した症例を写真を用いて紹介! 

  現場ですぐに役立つアイデアをはじめ、治療がうまくいかなかった症例から得たヒントなども掲載しています。

  障害者歯科医療に携わるすべての人におすすめする実践的な一冊です。

(目次)

CHAPTER1 う蝕の診断と治療、歯冠修復
1 障害児のう蝕治療 ーN鼎僚わりは管理の始まり
  障害児のう蝕治療◆(欸笋里燭瓩離ラウンループは慎重に
2 自閉スペクトラム症 /失濱う蝕に対する非侵襲性歯髄覆罩処置
 自閉スペクトラム症◆“睡蹐砲茲觧誠症とう蝕の進行抑制は困難
3 知的能力障害 反芻に起因した充?物の脱離に難渋した症例
4 Down症候群 萌出途中からのう蝕予防の必要性
5 脳性麻痺 多数歯う蝕の治療は治療計画がポイント
6 精神障害 精神障害児の多発う蝕への対応

CHAPTER2 抜歯の診療と処置
1 障害児の抜歯治療 下顎前歯の交換期は機をみて抜歯を
2 自閉スペクトラム症 ヾ浜が困難な第二大臼歯の存在
 自閉スペクトラム症◆〈合関係のない智歯の抜歯
3 知的能力障害 \響歙と軟組織疾患を考慮した歯列外歯の抜歯
  知的能力障害◆_板蹐了情によって根管治療から抜歯に転向した症例
4 難病 開口障害を伴う先天性表皮水疱症患者の歯科治療
5 脳性麻痺 )┰从て饂の抜歯の検討
  脳性麻痺◆“柑後に発生した悪性腫瘍
6 重症心身障害 誤嚥性肺炎を繰り返す重症心身障害者への歯科治療の注意点
7 脳性麻痺 ポケット測定を怠ったことによる敗血症

CHAPTER3 歯内療法の診断と処置
1 自閉スペクトラム症 〇根未完成の深在性う蝕には生活歯髄切断法
  自閉スペクトラム症◆^習癖が疑われ歯根周囲に炎症を呈した第一大臼歯
2 知的能力障害 …樟槓た颪牢鏡を疑い一歩先の処置が必要
 知的能力障害◆‘常の習癖が歯へ及ぼす影響
3 Down症候群 心内膜炎の予防を意識して抜歯を選択
4 脳性麻痺 不安感をなくすための工夫

CHAPTER4 歯の修復と補綴治療−1 歯冠補綴
1 自閉スペクトラム症 ^習癖を考慮した歯冠形態が必要
  自閉スペクトラム症◆.船Д◆璽織ぅ爐棒限を有した症例
2 知的能力障害 咬合採得が困難な場合の工夫
3 Down症候群 “柑の同意が得られない歯列外歯の補綴
 Down症候群◆“紳侑合の補綴
4 脳性麻痺 (篦嵎の咬頭干渉を小さくする
 脳性麻痺◆〜飴部切縁はメタルで被覆
5 重症心身障害 咬傷を伴う脳性麻痺患児への対応
目次:
CHAPTER4 歯の修復と補綴治療−2 欠損補綴
1 自閉スペクトラム症 ブリッジ適応にあえて義歯で対応した症例
2 知的能力障害 ゝ岨調整時に遭遇した悪性腫瘍
  知的能力障害◆〇拌羯に4/5冠を用いた前歯ブリッジ症例
  知的能力障害 義歯装着後の継続的観察が必要だった症例
 知的能力障害ぁ,討鵑ん発作により欠損の補綴をブリッジで
3 Down症候群 .好肇譽垢里覆さ岨作製と装着練習
 Down症候群◆〇周疾患後の審美性回復の補綴処置
 Down症候群 進行した歯周病と有床義歯
4 脳性麻痺 _津雲局部義歯による機能回復
 脳性麻痺◆_津雲義歯の作製は強度を高めて咬合圧を分散
 脳性麻痺 スウィングロック・アタッチメント義歯
 脳性麻痺ぁ〈合採得はシリコーン印象材で
5 重症心身障害 マウスピース型の義歯
6 精神障害 〇ぎしりや過度の噛みしめへの対処
 精神障害◆|奮ごとの説明によって装着が可能となった義歯症例
7 脳血管障害(中途障害) オーバーデンチャーによる補綴治療

CHAPTER5 矯正歯科の診断と治療
1 自閉スペクトラム症 ゞ裟擬N鼎鮹翆任形兩犬両絣楮限β切歯を便宜抜去した例
  自閉スペクトラム症◆ゞ裟擬N展紊暴癖異常が出現したが制御できない
  自閉スペクトラム症 矯正装置は触れさせてから説明
2 Down症候群 上顎は拡大装置で対応
3 口唇口蓋裂 顎裂は骨移植後に矯正治療

CHAPTER6 歯周病の診断と治療
1 知的能力障害 ”他安定後も短期間でのSPTを継続
 知的能力障害◆々涯殞屠,SRPの併用療法
 知的能力障害 可能な限り保存することを原則とした歯周処置
2 Down症候群 ―電挧性歯周炎に対する治療
 Down症候群◆〇周基本治療により行動変容が認められたケース
 Down症候群 思春期から青年期までの長期歯周病管理
 Down症候群ぁ“柑への同意がなく歯周疾患が悪化した症例
3 脳性麻痺 定期的なSPTの必要性
4 精神障害 うつ病者の喫煙関連歯周炎の管理

CHAPTER7 口腔と顔面の外傷
1 Down症候群 残存機能に合わせた対応の工夫
2 てんかん てんかん発作による前歯の歯冠破折
3 Lesch-Nyhan症候群 \犠錣文腔機能の維持向上を目指した処置
 Lesch-Nyhan症候群◆〈傷の制御が困難であった症例
4 脳性麻痺 ‥湘歛破个砲茲訝ν遒虜匿⊂瀕
  脳性麻痺◆‥湘櫃砲茲訃絣楞飴部欠損の補綴
 脳性麻痺 自己刺激行動による頬粘膜の角化症例

CHAPTER8 歯科疾患の治療計画
1 自閉スペクトラム症 (篦嵎の維持形態と咬合関係に注意
 自閉スペクトラム症◆\徒内鎮静法によって恐怖心や痛みに配慮
2 知的能力障害 〇科治療に対する恐怖心に配慮した治療計画
 知的能力障害◆‘鷦,蝕の予防に全部鋳造冠
 知的能力障害 効率的な全身麻酔下の歯科治療
3 Down症候群 埋伏の両側第二小臼歯を開窓のみで誘導
4 先天異常症候群 食異常を伴う患者への対応
5 脳性麻痺 増殖歯肉を炭酸ガスレーザーで切除
6 重症心身障害 萌出障害を咬合調整で改善

CHAPTER9 予防処置
1 障害児の予防処置 発達障害児におけるボトルカリエスに対する取り組み
2 自閉スペクトラム症 .侫蛋能放性歯面コーティング剤によるう蝕予防
 自閉スペクトラム症◆‖燭の困難さを抱える小児の口腔管理
3 知的能力障害 低年齢からの定期的な口腔衛生管理の必要性
4 Down症候群 歯周疾患予防を念頭に早期から超音波スケーラーの使用を試みた症例
5 脳性麻痺 フィッシャーシーラント時の注意点
6 統合失調症 歯科治療への恐怖心から過度に歯磨きを行っていた症例

CHAPTER10 歯科保健指導
1 自閉スペクトラム症 “睡輅覆鯣爾者への保健指導
 自閉スペクトラム症◆\催戮旅發じ腔内審査が必要
2 知的能力障害 成長や療育環境を考慮した保健指導
3 Down症候群 ‐綽鮎帯が歯磨きを邪魔している症例
 Down症候群◆―電戮蔽療障害者への指導に期待できるものは
4 重症心身障害 多職種との連携の必要性
5 脳血管障害(中途障害) 視覚的フィードバックによる知覚入力が必要

CHAPTER11 長期的な管理計画のたて方
1 自閉スペクトラム症 17年間の継続管理例
2 知的能力障害 …拘間にわたり患者の成長に合わせて口腔管理を行った症例
 知的能力障害◆〇磨き自立が困難な症例の管理計画
3 Down症候群 長期の管理で歯周病の進行を抑制
4 脳性麻痺 33年間の継続管理は安心できる環境の提供が奏効
5 精神障害 健康状態や精神状態に配慮が必要な症例

CHAPTER12 行動調整
1 知的能力障害 異常絞扼反射に対する笑気吸入鎮静法の応用
2 難病 医療的ケアを実施している保護者との医療面接の重要性
3 重症心身障害 開口保持困難、側彎、上腸間膜動脈症候群への対応

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載