書籍_s18100505画像 太平洋戦争下の全国の障害児学校
被害と翼賛
著者: 清水寛
価格: 7,020円
発売日: 2018年10月15日
内容:
  戦時下、障害児学校、教師や子どもたちはどんな状態に置かれたか。

  空襲、疎開、勤労奉仕、軍事教練、食糧不足……各校の記念誌などを収集・分析、教務日誌などの一次史料を読み込み、全国で元教職員・元生徒への聴き取りも重ねた研究。

  悲惨な被害、そして加害・翼賛の側面も明らかにした、著者ライフワークの集大成!
目次:
第1章 空爆による被害
第1節 空爆による被害を受けた障害児学校の統計的概要
第2節 空爆による被害を受けた障害児学校
第3節 障害児学校の空爆被害の特徴

第2章 学校集団疎開
第1節 〈子どもの戦闘配置〉としての学童集団疎開と障害児学校の集団疎開の統計的概括
第2節 視覚障害児・聴覚障害児学校の集団疎開
第3節 知的障害児・肢体不自由児学校の集団疎開

第3章 勤労奉仕・勤労動員
第1節 障害児学校の奉仕作業の統計的概要と勤労奉仕・勤労動員政策
第2節 盲学校における勤労奉仕・勤労動員
第3節 聾啞学校における勤労奉仕・勤労動員と聾者の徴用
第4節 盲聾啞学校における勤労奉仕・勤労動員
第5節 空爆により視力障害となった勤労動員女子学徒

第4章 学校運営と教育活動
第1節 「盲学校及聾学校令」と「国民学校令」の意義と問題点
第2節 学則と教育方針
第3節 教員と生徒
第4節 教育の内容と方法
第5節 学校行事
第6節 軍事教練
第7節 寄宿舎
第8節 盲聾学校の〈混合教育〉の問題状況と教師と生徒との人間的共感関係
第9節 ヘレン・ケラーの来日と障害児学校訪問・講演活動

第5章 敗戦後の窮乏と復興へのとりくみ
第1節 敗戦と占領下の改革のなかで
第2節 戦後も続く食糧難
第3節 敗戦直後の障害児学校の状況
第4節 障害児学校の復興をめざして

補章 旧植民地台湾・朝鮮の障害児学校
序節 台湾・韓国を訪れて
第1節 台湾における盲聾学校
第2節 朝鮮における盲聾学校

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載