書籍_s18101503画像 〈前向きな諦め〉を促すインターネット認知行動療法
日本文化にそくした心理支援のために
著者: 菅沼慎一郎
監修: 下山晴彦
価格: 3,024円
発売日: 2018年10月30日
内容:
★日本的な心のあり方に合った新しい心理療法をめざして

 インターネットを用いた認知行動療法がいま世界的に注目されていますが、わが国でそれを有効に活用するためには日本的な心のあり方に合わせることが必要です。

 本書は、最新の認知行動療法における「アクセプタンス」の重要性を踏まえ、日本的なアクセプタンスとしての〈前向きな諦め〉の定義と構造、心理プロセス、心の健康への影響について、インタビュー調査・質問紙調査にもとづいて考察しています。

 その上で、独自に開発した〈前向きな諦め〉を促すスマートフォンアプリケーションの内容や効果研究を紹介します。


[ここがポイント]

◎「諦めること」のポジティブな側面に着目するユニークな研究と実践

◎独自に開発した〈前向きな諦め〉を促すスマートフォンアプリケーションを紹介
目次:
監修者のことば
はじめに

 第I部 〈諦め〉は私たちの人生や心の健康にどうかかわるか

第1章 なぜ〈諦め〉に着目するのか  日本文化にそくした認知行動療法実践に向けて
 1 日本文化における〈諦め〉  アクセプタンスとの関連
 2 〈諦め〉に関する心理学研究の概観
 コラム1:現代における〈諦め〉の様相
 コラム2:「明らめ」と「諦め」
 コラム3:第三世代の認知行動療法と森田療法
 コラム4:〈諦め〉という日本語の独自性
 コラム5:海外における類似の心理学概念
 コラム6:〈諦め〉に関する心理学研究が少ない背景

第2章 〈諦め〉の全体像を理解する  語られたエピソードの分析から
 1 〈諦め〉の定義と構造  諦めた内容・諦めたきっかけ・諦め方
 2 〈諦め〉の三つの心理プロセス  未練型・割り切り型・再選択型
 コラム7:現代青年と〈諦め〉

第3章 〈諦め〉が心の健康におよぼす様々な影響  質問紙調査の分析から
 1 〈諦め〉観の測定と類型化
 2 過去の〈諦め〉体験への意味づけと心の健康
 コラム8:女性の〈諦め〉と男性の〈諦め〉の違い

第I部から第II部へ
〈前向きな諦め〉とは何か  研究からみえてきたもの

 第II部 〈前向きな諦め〉のためのインターネット認知行動療法

第4章 インターネット認知行動療法とは何か
 1 インターネット認知行動療法の現在
 2 日本で有効なインターネット認知行動療法とは

第5章 〈前向きな諦め〉を促すセルフケア・アプリケーションの開発
 1 〈前向きな諦め〉を促すプログラム設計
 2 〈前向きな諦め〉を促すセルフケア・アプリケーションの開発

第6章 〈前向きな諦め〉を促すセルフケア・アプリケーションの実践
 1 アプリケーションの効果検証
 2 〈前向きな諦め〉を促すセルフケア・アプリケーションのための教材

引用文献
謝  辞
関連する論文・学会発表リスト
索  引

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載