書籍_s18101611画像 小説『ろう教育論争殺人事件』
バリアフリー・コンフリクトとそのゆくえ
著者: 脇中起余子
価格: 2,916円
発売日: 2018年09月13日
内容:
  ろう教育界は,昔から口話法と手話法の間でめまぐるしく揺れ動いてきた。

  近年でも,口話併用を認めるか否かに関する「手話-手話論争」が激化した。

  「手話の万能視」は,ある種の人々を救う一方で,ある種の人々を苦しめる。

  本書は,フィクションという表現様式を通して,コミュニケーション論争の軋みをつぶさに描き出す。
目次:
まえがき
登場人物の紹介
小説『ろう教育論争殺人事件』が生まれた背景

プロローグ 手話法の駆逐

第I部 ろう教育論争
一章 ろう文化宣言
二章 デフブラボー
三章 ろう児の人権救済申立
四章 ろう学校盗難事件
五章 ろう学校体罰事件
六章 母子カプセル
七章 モンスターペアレント
八章 『ろう教育史ぶらり』
九章 通知表文面事件

第II部 カタストロフィ
十章 川に沈む
十一章 恨みに沈む
十二章 海に沈む
十三章 火に沈む
十四章 谷に沈む
十五章 憂いに沈む
十六章 闇に沈む

エピローグ メビウスの帯


「注」の参考・引用文献
あとがき

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載