書籍_s18101712画像 訪問看護のための  図解でスッキリ  診療報酬&介護報酬のしくみ
著者: 青山美智子、清治邦章、川野恵美子、窪田卓
価格: 2,700円
発売日: 2018年10月05日
内容:
  介護の主流は、在宅に移行しています。

  以前は、在宅医療は、医療保険から報酬が支払われていましたが、現在では、患者が要介護認定をうけていると、介護保険が優先になります。

  平成30年の診療報酬と介護報酬の改定の大きなポイントとして、在宅医療をきめ細かく専門に行う在宅療養支援診療所などいくつかの医療機関の開設が求められ、訪問診療でもいくつかの管理料が新設されています。

  また、看取り看護、ターミナルケアなどへの評価の充実も図られています。

  本書では、上記のような最新の制度改定の内容にもとづいて、両保険制度にまたがる在宅医療、訪問看護などの複雑な点数算定のしくみを、図表やイラストを使って、ていねいに解説しています。
目次:
第1章 医療保険制度と介護保険制度の概要

第2章 医療と介護の連携

第3章 介護認定の申請から決定まで

第4章 在宅医療・在宅診療との連携

第5章 在宅看護にかかわる領域

第6章 訪問リハ・訪問歯科・訪問薬剤師

第7章 在宅介護の支援

第8章 地域包括支援センターと居宅介護支援

第9章 ケアプランの作成と給付管理

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載