書籍_s18120502画像 アピアランス〈外見〉問題介入への認知行動療法
段階的ケアの枠組みを用いた心理社会的介入マニュアル
著者: アレックス・クラーク 、アンドリュー・R・トンプソン
著者: エリザベス・ジェンキンソン、ニコラ・ラムゼイ、ロブ・ニューウェル
訳: 原田輝一、真覚健
価格: 7,560円
発売日: 2018年12月15日
内容:
  先天的要因や疾患・外傷により外見に不安や困難を抱える人々のポジティブな適応を目指し、医学・心理学の両面から支援するための段階的ケアの方法を提示する介入マニュアル。

(目次)

第1章 背景、臨床的問題、共通した訴え、治療における諸注意
 身体的要因および治療に関連した要因
 社会文化的要因
 心理学的要因と過程
 身体イメージ障害
 臨床における諸問題と症例提示
 紹介症例に見られる共通した特徴
  状態(症状)の可視性(見えやすさ)/羞恥/可視的差異の意味付け/喪失の経験/生理学的反応/文化/性別/年齢/治療への期待/身体的変化と心理学的アウトカムとの関係/修繕による解決
 治療における諸注意

第2章 心理社会的介入への段階的ケア・アプローチ
 PLISSITモデル
 レベル1:許諾/レベル2:基本的情報/レベル3:個別アドバイス/レベル4:集中的治療

第3章 モデルと枠組み――外見に関連した苦悩に対処するための概念的アプローチを拡大する
 治療的アプローチ選択の説明
 行動療法アプローチ――恐怖回避と社会的スキル・トレーニング
 エビデンス・ベースの構築
 認知療法アプローチ――外見への不安と社会恐怖との比較
  安全行動の使用/予期過程と事後過程/外見への不安における思い込みとスキーマの役割
 まとめ
 認知行動療法モデルの抽出――変形をきたす状態への適応に寄与する要因と過程を明らかにする
  変形をきたす状態に対する適応――ARCでの作業枠組み/変形をきたす状態に適応するためのARC枠組み/背景要因/介在している認知過程/結果(アウトカム)
 ARC研究プログラムによる知見
  諸研究/知見のまとめ/研究プログラムから得られた重要事項/介入療法計画における諸知見の意味
 まとめ

第4章 臨床アセスメント
 問題を引き出す
 まとめ
 動機づけと自己効力感
 変化へのレディネス
 測定ツール
  心理学的構成概念の包括的測定(ARC研究で使用)/外見に特化した心理学的構成概念の測定法/身体イメージの測定/状態のタイプに特化した心理学的構成概念の測定法/身体醜形障害(BDD)/核心的な臨床データセット
 出来事、思考、感情の頻度に関する定期的な主観的測定
 目標設定
 SMART
 外見に関連した諸問題への治療課題
  生物心理社会的モデルの導入/治療への「積極的な取り組み」

第5章 社会的スキルとコーピング方略
 凝視、質問、コメント、匿名性の喪失
 外見をうまく装うこと
 可視的差異に対するポジティブな対処方略を発達させる
  姿勢、微笑み、アイコンタクト
 話すスキルを向上させる
  会話の切り出し方を学ぶ/外見に関する質問に答える
 凝視への対処
 実践に取り組む
 人との出会いの中でイニシアチブを取る
 怒りへの対処とアサーティブネスの熟達
  怒り
 性的関係への対処
 変形をきたした状態をパートナーに開示する
 まとめ

第6章 認知行動療法
 認知行動療法の技法
 ソクラテス式問答法
 ネガティブな自動思考を引き出す
  役に立たない信念についての記録用書式/不安に関連したネガティブな自動思考スタイル/3列コラム法/円グラフ
 安全行動の操作
  不安への対処技術/ターゲット、ツール、トラブルシュート、テスト
 費用対効果の分析
 外見に関連した自己非難と羞恥に対処するための技法
 自己非難の機能的分析
  自己非難の影響力を明らかにする
 まとめ

第7章 治療計画とセッション・ガイド
 はじめに
 レベル1での作業――[症例1]
 レベル2での作業――[症例2]
 レベル3での作業――[症例3]
目次:
第8章 小児サービスから成人サービスへの円滑な移行
 はじめに
 移行期の諸問題について
 青年の視点からみる「移行」
 親の視点からみる「移行」
 医療専門職の視点からみる「移行」
 移行期のケアを改善するためのガイダンス
 外見の不安を持つ青年へのケアに関する諸問題
 青年にとっての外見の顕出性
 支援を求めたり受け入れたりすることへの抵抗感
 青年の可視的差異への適応を促進できる要因
 恋愛問題
 可視的差異を持つ人々にとっての、機会としての移行期
 結論

第9章 美容手術に対する心理学的評価
 はじめに
 美容手術は有効か
 NHSにおける手術の紹介
 美容外科医による心理学的スクリーニング
 NICEガイドライン
 紹介の進め方
 心理学的評価から外科医は何を求めるのか
 心理学的評価から患者は何を求めるのか
 心理学的評価の枠組み
 症例提示
 紹介においてよくある問題
  総合医との連携/美容治療に関する医療専門職の知識
 まとめ

第10章 サービス提供のモデル
 非専門職による支援
 専門職によるサービス
  アウトルックOutlook
 病院ベースでのサービス
  ロイヤル・フリー病院(ロンドン)
 心理社会的サービスの利用
 メンタルヘルス・サービスの利用
 段階的ケアにおいてサービスモデルを計画する

付 録
 変形をきたす状態への心理学的適応に関連する要因と過程
 研究プログラムの背景と理論的根拠
  身体的要因と治療に関連した要因/社会文化的要因/心理学的要因と過程/理論的基礎
 研究過程における計画検討
  複数の方法を混合して使用する/本研究における審議会の役割
 [研究1]変形をきたす状態への適応に関係する心理学的要因と過程
   方法/材料/測定/結果(アウトカム)
  手順
   研究管理/募集に関する計画
  結果
   参加者/内的整合性/変数間の相関/人口構成上の因子/可視性と不安を感じる部位/属性要因/社会認知的要因/外見に特化した認知的要因/結果/変数の回帰分析/クリニックに特異的なデータ
  考察
   適応における多変量的性質/外見に関連した認知の役割/本研究の限界/結果が意味すること
 [研究2]「ポジティブにであれ、ネガティブにであれ、外見が人生にどう影響を与えているかについて、何かコメントはありますか」という質問への自由回答の定性的分析
   理論的解釈と知見/考察
 [研究3]変形をきたす状態への適応の長期経過
   理論的解釈と結果/考察
 [研究4]長期経過からみた可視的差異を持つ人々の経験と適応――定性的研究
 後続研究(5〜12)
 [研究5]可視的差異にポジティブに適応できていると感じている人々の経験に関する定性的研究
 [研究6]民族的マイノリティ・コミュニティの人々における、変形についての見解に関するフォーカス・グループ研究
 [研究7]醜形をきたす皮膚状態の白斑症を持つ在英南アジア系住民の経験に関する定性的研究
 [研究8]外見への不安、敵意、社会的状況
 [研究9]外見の不安が性的行為に与える影響力を測定するスケールの開発
 [研究10]義肢装具を使用している女性――その経験と適応
 [研究11]関節リウマチという疾患の文脈において、外見は問題となるか
 [研究12]可視的差異を有する患者との診療――総合医が持つ思い込み、意思決定プロセス、トレーニングの必要性
 研究プログラムの結果の全体的統合
  苦悩と適応の概略/ポジティブな適応とリジリエンス/外見に関連した苦悩の影響力/外見への不安の多面的性質/適応の動的性質/年齢、性別、民族性の影響/変形への適応のための枠組み
 結論と今後の道程

資 料
 測定スケール
 支援組織に関する情報

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載