書籍_s18121201画像 思春期からの子ども虐待予防教育
保健・福祉・教育専門職が教える、親になる前に知っておいてほしいこと
著者: 森岡満恵
価格: 2,160円
発売日: 2018年12月15日
内容:
  子ども虐待が起こる背景には、親や子どもの身体的・精神的要因から社会的・経済的なものまで、様々なリスク要因が潜んでいると言われている。

  思春期の男子生徒も含む若者に効果的な虐待の予防教育は?

  望まない妊娠や若年での妊娠・結婚、貧困や孤立、赤ちゃんの「泣き」や揺さぶられ症候群、子どもの障害や睡眠、世代間伝達、体罰の肯定感等について授業実践を元に平易にまとめた一冊。
目次:
はじめに

序章 親になる前の教育

第1章 望まない妊娠と若年妊娠の予防

第2章 虐待の予防のための子育ての知識と体験

第3章 貧困と孤立

第4章 母親の心身の状況

第5章 赤ちゃんの“泣き"と揺さぶられ症候群

第6章 子どもの側の問題

第7章 世代間伝達の予防

第8章 体罰の肯定観の否定

第9章 虐待要因の理解と予防策のまとめ

終わりに

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載