書籍_s19062501画像 よくわかる! 大学における障害学生支援  こんなときどうする?
編著: 竹田 一則
価格: 3,024円
発売日: 2018年06月20日
内容:
  本書は、早くから障害学生支援に関わり、多くの知見や経験を有する、それぞれの分野の専門家による“障害学生支援に関する実践書”を目指して企画された。

  全国の大学の教職員、学生(障害のある学生を含む)のみならず、障害学生支援に関わる全ての関係者が理解を深め、これまで支援の経験の少ない大学等においても、支援の体制の構築や実践の参考とできるよう、具体的な事例も多く掲載している。

 大学関係者必携の書。
目次:
第1章 総論
1.1 はじめに
1.2 日本の障害学生支援における現状と課題
1.3 障害のある学生の修学支援に関する検討会報告(第二次まとめ)の概要と今後

第2章 障害のある学生への修学支援に関する基本的な考え方
2.1 大学における不当な差別的取扱いと合理的配慮とは
Q&A
2.2 全学的な支援体制の構築と連携の方法
2.2.1 大学における支援体制の例(筑波大学)
2.2.2 大学における支援体制の例(京都大学)
2.2.3 大学における支援体制の例(九州大学)
2.2.4 大学における支援体制の例(関西大学)
2.2.5 大学における支援体制の例(日本福祉大学)
2.2.6 大学外のリソースとの連携
2.2.6.1 行政との連携
2.2.6.2 障害学生支援と大学間連携
2.2.6.3 学外リソースとの連携
2.2.6.4 学外連携と生活支援の課題
2.3 大学におけるユニバーサルデザインと共生キャンパス
2.3.1 授業におけるユニバーサルデザイン
2.3.2 施設・設備のバリアフリー
2.3.2.1 視覚障害者のためのバリアフリー
2.3.2.2 聴覚障害者のためのバリアフリー
2.3.2.3 運動障害のある者(肢体不自由者)のためのバリアフリー
2.3.2.4 発達障害のある者のためのバリアフリー
コラム
2.4 試験における合理的配慮(テスト・アコモデーション)の理論と実際
2.5 実習における支援の実際
2.5.1 実習における支援の実践例1(発達障害)
2.5.2 実習における支援の実践例2(聴覚障害)
Q&A
2.6 共生キャンパスを目指して
2.6.1 教職員への理解とよりよい支援のための援助
2.6.2 周囲の学生への理解啓発
2.6.3 障害学生の自己理解と環境調整
2.7 キャリア支援の理論と実際
コラム
Q&A

第3章 障害学生支援の実際
3.1 合理的配慮の決定プロセスと入学前から卒業までの支援のポイント
3.2 視覚障害のある学生への支援
3.2.1 視覚障害とは
3.2.2 視覚障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
コラム1
学生の声
3.2.3 こんなときどうする?(視覚障害)
3.2.4 想定事例
3.2.5 今後の課題
コラム2
3.2.6 関連団体等
3.3 聴覚障害のある学生への支援
3.3.1 聴覚障害とは
3.3.2 聴覚障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
学生の声
3.3.3 こんなときどうする?(聴覚障害)
3.3.4 想定事例
3.3.5 今後の課題
コラム
3.3.6 関連団体
3.4 運動障害(肢体不自由)のある学生への支援
3.4.1 運動障害とは
3.4.2 運動障害(肢体不自由)のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
学生の声
3.4.3 こんなときどうする?(運動障害(肢体不自由))
3.4.4 想定事例
3.4.5 今後の課題
コラム
3.4.6 関連団体
3.5 病弱・身体虚弱、内部障害の学生への支援
3.5.1 病弱・身体虚弱、内部障害とは
3.5.2 病気の学生の修学におけるニーズと支援の方法
コラム1
学生の声
3.5.3 こんなときどうする?(病弱・身体虚弱、内部障害)
コラム2
3.5.4 想定事例
コラム3
3.5.5 今後の課題
3.5.6 関連団体
3.6 発達障害のある学生への支援
3.6.1 発達障害とは
3.6.2 発達障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法ASD,ADHD
学生の声
3.6.3 発達障害のある学生の医学的対応
3.6.4 こんなときどうする?(発達障害)
3.6.5 想定事例
コラム
3.6.6 今後の課題
3.6.7 関連団体等
3.7 精神障害のある学生への支援
3.7.1 精神障害とは
3.7.2 精神障害のある学生の修学におけるニーズと支援の方法
コラム1
3.7.3 こんなときどうする?(精神障害)
3.7.4 想定事例
3.7.5 今後の課題
コラム2
3.7.6 関連団体等
3.8 通信制の高等教育における障害学生への支援―ICT活用の視点から

第4章 海外の障害学生支援に関する現状と動向
4.1 イギリスにおける支援モデルと障害学生支援の現状
4.2 オーストラリアにおける支援モデルと障害学生支援の現状
4.3 海外の大学におけるコンピテンシー・スタンダード
4.4 米国における障害学生支援と紛争処理のしくみ
Q&A

第5章 障害学生支援の近年の動向(統計データの分析)

執筆者一覧

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載