書籍_s33106画像 福祉職場における業務標準化のためのマニュアルモデル〜障害者施設版〜〔改訂第2版〕
著者: 中村俊二・宮内克代
価格: 2,057円
発売日: 2011年04月19日
内容:
 福祉サービスの質を向上していくための有効な手法として業務を標準化し、手順書にすることがあります。

 本書は、業務標準化の概念や意義を詳しく解説した既刊「福祉職場における業務の標準化とマニュアル作り」(障害者施設版)を受けて、マニュアルの作成方法、代表的なマニュアルの例を豊富に示しており、サービスの向上に役立つ内容となっています。

 手順書の内容を加筆するため、一部を改訂しました。
目次:
第1章 サービスの質の向上と標準化の必要性
 福祉サービス産業としての施設経営
 障害者自立支援法と業務標準化
 効率化の目的はサービスの向上
 業務の標準化とは何か、人的生産性の向上
 3ムの排除〜ムリ・ムダ・ムラ〜の排除
 時間の標準化を進めよう〜かけすぎるムダ・かけないムダ〜
 誰もが同じサービスを提供すると言う安心 

第2章 施設経営から見た業務標準の活用
 独自のサービスの特徴・伝統の確立
 施設運営管理
 経営・管理業務の資料
 目標管理制度への適用
 人事考課制度への適用
 サービス自己評価と第三者評価への活用
 苦情処理システムと危機管理との関連
 人材育成への活用

第3章 標準化の手引き
 基準・標準類の種類
 標準類の運用
 作業標準の作成手順と留意点
 フローシートと作業手順書の作り方演習

第4章 マニュアルの定着化と活用
 活用されない理由
 管理体制とルール
 周知と徹底
 活用確認と見直し

第5章 マニュアルの例
 マニュアルモデルの利用方法
 業務帯別業務分掌
 日常業務
 危機管理
 施設運営
 第三者評価チェックリスト集

買い物かごの中身
商品は入っていません。

このページの一番上に戻る


RapidSSL このサイトからの情報送信は暗号化により保護されます。

特定商取引法に基づく表記 ┃ 個人情報の保護 ┃ 会員規約 ┃ 求人情報 ┃ 広告掲載